どのようになったのか、その変化を伝えてあげましょう。

今日から実践!子育てにつかえる言葉集

よくできるようになったね!

トロフィ

子どもは、「すごいね」「よくできたね!」と言われれば安心し、自信とやる気を起こしていくものです。成長過程で一番大切なのは、頑張っている姿を褒めてあげること。
あなたが努力して変化していることを「ちゃんとみているよ」という気持ちたっぷりで、声をかけてあげるのです。はじめは、「よこできるよになったね!」「ずいぶん集中できるようなったね」と。
慣れてきたら、もっと具体的に「なに」がどのようになったのか、その変化を伝えてあげましょう。
「この間は、10分かかっていたのに、すごい!今日は5分でできたじゃない!」
「朝起きるのに、5回も6回も言わないと起きなかったのに、最近は、1回で起きるようになったね。さすが!!」
ただ子供を褒めるときに、一つ気をつけなくてはならないことがあります。それは常に“結果だけを見ていないか”ということ。
結果がいいときは“いい点を取るとお母さんが褒めてくれる”でよいのですが、
悪いときに褒めてもらえないと“いい点を取らない子のことは、お母さんは嫌いなんだ”となってしまう可能性もあり、要注意です。
褒めるときには、その「頑張り」に注目してあげましょう。
結果までの過程をしっかり見て、その変化に気づいて褒めてもらえた子どもは、途中で苦しいときがあっても、
「お母さんが見てくれている」と、安心して進んでいくことができるでしょう。
見守ってくれる人がいると感じることで、できないことを恐れず全力投球ができるようになるはずです。
安心感こそ、子どもを前進させ成長させるのです。
お母さんが“ちゃんと見ている”ことで、自信を持ち、どんどん頑張る力を身につけていきます。