【マザカレ・メンバーズ通信】vol.96


マザーカレッジ主宰 江藤 真規

…………………………………………………………………
みなさん、こんにちは。江藤真規です。
いつもマザカレ・メンバーズ通信をご購読下さりありがとうございます。



お子様との夏休み、いかがお過ごしですか?

先日、都心に住む私の友人が、

「子どもがラジオ体操に行くから、早く起こさないといけないの~」
と言っていました。



ラジオ体操ってまだ続いているんだ!
しかも都心で!!!

と嬉しく思うと同時に、



子どもにはやはり手助けが必要なんだな~とも感じました。


もちろん理想は、
自分で早起きして、元気にラジオ体操に行くこと。



でもそれがまだ習慣になっていない場合には、
その習慣を作るために、周りの大人からのサポートが
必要な場合もあるんですよね。


子どもが自分で動き出すまでに
一体親はどれだけのことをしているのでしょうか!



マニュアル通りにはいかない、
効率的にもできない、


おまけに誰からも評価されないし、
誰からも感謝もされない!



子育てとは、本当に愛情があるからこそできる仕事です。



たまには

「私、こんなに頑張っている!」と
自分へのご褒美も大切にしてくださいね。




さて、そうやって育ててきた子ども達ですが、
最近は私の方が教えてもらっている…、
これが我が家の今の状況です。



とくに「勉強のやり方」に関しては、娘が
私の良きアドバイザーになってくれています。




(最近私は、とある試験にむけて勉強をしておりますもので、
 いろいろとアドバイスをもらっているのです)




今日は娘からもらった
「勉強のやり方」に関するアドバイスを、
いくつかご紹介したいと思います。




(勉強のやり方には個人差がありますので、
 あくまで参考までに、、、読んでくださいね)


======================
■手を動かす
======================

書くのは面倒だし、書くと時間がかかるので
私はただひたすら本を読む学習をしてまいりました。


「書くといいよ!」
という娘からのアドバイス。


これは決してきれいにノートをまとめる、と言うことではなく、
手を動かしながら記憶にとどめていく、という方法です。


確かに手を動かしている方が
眠たくならないし、
脳も動いているような気がします。




======================
■眠たい時には寝る
======================

たった5分の睡眠がその後のやる気を高めます。


「やらなきゃ!」という思いが強すぎて
私は眠たくなってきても
無理して本を広げていたのですが、

正直頭は朦朧としていて、
目は文字を追っていても 頭の中には何も入ってきませんでした。


「眠たい時には潔く寝る。
でもその寝る時間は短めに」との娘からのアドバイス。


30分以上も寝てしまうと
その後の勉強モードを作るのが大変になってしまいます。

5分、10分、などの細かい時間で少しだけ寝るのは
気分もすっきりしますよ。


======================
■耳せんをする
======================

人にもよりますが、私は周りの音が聞こえていると
集中できないタイプです。


それで静かなところを追い求めて
勉強する場所を探していたのですが、


「耳栓したら?」の娘の一言で

随分場所選びが楽になりました。



耳栓って、ちょっと恥ずかしいけれど効果はかなり大。
自分の世界に入れます。


ちなみに耳栓専門ショップもあるそうですが
私は探し回って結局最後に100円ショップで見つけました!


======================
■気の向く教科をやる
======================

「今日の予定はこれだから!」

とあまりガチガチにならず
その時にやりたい、と感じる自分の感情を大切に勉強します。



今は英語をやる予定だったから、といっても
その時に頭が英語モードでなければうまくいきません。

「今何やりたい?」


自分に問いかけ、それをやるようにしています。

(もちろん大枠での学習予定は立てていますが)



======================
■「勉強しています!」アピールはしない
======================

※こうやってここで書いていること自体アピールになっていますが、、、、(汗!)




「私こんなに頑張っているんだよ!!!!!」


私の近くにいらっしゃる方はきっと何度か聞かされたフレーズだと思います(笑)


実際私は今、かなり頑張っていて
それを誰かに聞いてもらいたいのでしょうね。。

ついつい人に会っては
「私、頑張っているんです!」

と言ってしまうのです。



ただ、娘に言われました。


そうやって人に言うことによって、
やっている気になることが一番怖い、と。




言っているとその気になる。

「私頑張っている」、と言えば
頑張っているような気持ちになる。


「でも、本当はどれだけやったの??」

と言うことでしょう。


私には、もう少し静かに頑張る必要があるようです。



それにしても勉強とは、
愉しくもあり、辛くもあり

自分に大きな変化をもたらしてくれるものですね。


是非皆さんも学びの夏をお過ごしください!



━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
【江藤真規が答えます】
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■主人から働くことを止められています。
 ただ、私も少しは外に出たいと思っています。
 こんな風に考える事は悪いことなのでしょうか。
 

■全然悪いことではないですよ!
 どうぞ自信を持ってください。
 私もとても働きたい!と思っていましたので
 お気持ちはよくわかります。
 ただご主人さまにも何か思いがあってのご意見かと思いますので
 まずはお二人で話あいをしてみてはいかがでしょうか。
 その時にはくれぐれも
 「この人は私の邪魔をする人だ」とネガティブに考えない事。
 先入観を外して、
 なぜ反対なのかその理由を聞いてみてください。
 そしてあなたが外に出たいと思っている「理由」もお話してみてください。
 しっかりと話し合えば、きっとお互いの気持ちが融合するポイントが
 見えてくるのではないでしょうか。
 そして働きたい気持ちに「いつから」という時期を決めることによって
 今の気持ちはきっと落ち着くと思いますよ
 子どもが○歳になってから
 子どもが○学生になってから、、、
 その日に向けて自宅で出来る事に取り組んでいってくださいね。
 人生はまだまだこれからです。


━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
“ マザーの学び ”お役立ち情報
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■放課後遊んでいるだけではありません!
しっかりお勉強も見てくれる学童保育、
エコールリベルテの体験授業にいらっしゃいませんか?
フィンランドメソッドを取り入れた授業が展開されています。
・午前の部(10:00~12:00開催)
8月12日(日)、9月23日(日)
・午後の部(13:00~15:00開催)
 8月5日(日)、9月9日(日)
詳しくは下記ご覧の上、エコールリベルテにお問合せ下さい。
http://www.liberte-partner.com/program_01.html
※親御様向けペアレンテーションクラスも併設されています!

■忙しい方、遠方の方は。。。
自宅でも学べる「どこでもカレッジ」をどうぞ♪
ご自宅で好きな時間にペアレンテーションを学びませんか?
子育てが変わります。
ご自身の時間の使い方が変わります!
まずはご自身の学びから始めてみませんか?
詳細はこちら↓
http://bit.ly/mAgkbU