~節目こそ目標設定を~


【マザカレ・メンバーズ通信】vol.80

~節目こそ目標設定を~


マザーカレッジ主宰 江藤 真規

…………………………………………………………………
みなさん、こんにちは。江藤真規です。
いつもマザカレ・メンバーズ通信をご購読下さりありがとうございます。



一昨日は娘の入社式でした。


全てが新しい環境で、かなり緊張もしているようですが、
これから始まる社会人人生に、大きな期待を膨らませて、
今朝も張り切って出社いたしました。


まずは、いろいろな研修を受けさせていただくようです。
ありがたいことですね!


私も研修講師として、お仕事をさせていただくことがよくありますが、
とくに、新入社員研修では、声を大にしてお伝えすることがあります。



「研修の時間は仕事の時間です。
 皆さんは、今会社から給与を頂きながら、ここで勉強をしています。
 ここで学んでいるこの時間に対しても、会社側は皆さんに給与を払ってくれています。
 仕事をしている意識で、学んだことを自分のものにすべく、
今日は一日しっかりと学んでくださいね!」



学校では勉強はやらされるもの、という意識が強かったかもしれませんが、
社会人となったからには、誰も

「やりなさい!頑張りなさい!」とは言ってくれません。



========================
自分に必要なものを、自らとりに行く。
========================



社会人にとって、一番大事なマインドかもしれません。


娘もこれから、たくさん鍛えられていくことでしょう。


「頑張って!」


心の中で応援しつつ、私も社会人の先輩として、
まっすぐな背中を見せていきたいものです。



さて、入社式がすんだら、
今度は、入学式、そして始業式ですね。

新しい友達、先生、新しい環境でのスタートです!


子ども達にとっては、新年が始まるときよりも、
4月は更に大きな節目なのではないでしょうか。



「節目」は目標を立てるチャンスです!



お子さまと一緒に、目標つくりをしてみませんか?
お子さまとの会話が、目標をつくるきっかけとなることでしょう。



「1学期に一番力を入れることは?」
「毎日の必ず守る約束を3つだけ作ってみようか」
「12月までにやり遂げたいことは?」
「○年生が終わるころには、どんなことができるようになっていたらいいかな?」
「どんな先輩みたいになりたい?」



こんな質問をしてあげることで、子どもの視点は
ぐっと未来に向かいます。

そして自分自身と心の中で対話が始まります。



「一学期はどんなことに頑張ろうかな。。。」
「自分にとって大事な3つって何だろう、、、」
「12月までって、まだまだ時間があるから、どんなことが出来るだろう…」
「何からやってみよう、、、」
「どんなことをやってみよう。。。」



普段は「次の日までにやらなくてはいけない事」がたくさんあって
なかなか「未来」のことを悠長に考えている時間は
取りにくいかもしれませんが、


節目である今、
春休みだから、少し時間的にも余裕がある今、
ちょっと足を止めて、ゆっくり未来を見渡して、
目標を立ててみませんか。



========================
やることが決まれば、行動が始まります!
========================



今費やした1時間は、きっと
何倍、何十倍の成果となってかえってくるはずです。



私の会社、サイタコーディネーションでも
先日スタッフミーティングを開き
7月までに達成したいことを、話し合いました。



やることが決まれば、そこにエネルギーが集中してきます。
さっそく予定表には、たくさんの予定が書きこまれました。



節目は行動を始めるチャンスです!


━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
【江藤真規が答えます】
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■皆さんからの質問、受付中!
 個別のお悩み、ご質問を、どんどん送ってくださいね。
 江藤真規が本コーナーにて答えてまいります♪

■江藤への質問は、info@saita-coordination.com
(200文字以内/お一人様一問)までお願いします。


■幼稚園に通う娘です。
とても負けん気が強く、誰かに負けそうになると
その時点で自分からもうやめてしまいます。
負けてもいいから、もっと努力して頑張ってほしいと思うのですが、
どうしたらいいのでしょうか。

★江藤真規より
負けん気は、自分をもっと前進させる大きな力となりますが、
結果ばかりにこだわり、努力しない子どもに育ってしまうのでは…と
気にされていらっしゃるのですね。

結論から申しますと、お母様が、
「絶対に勝たなくては駄目よ!」と
後押ししているわけでなければ、
それほど気にする必要はないかと思います。

「勝つことばかりを気にしなくてもいいのよ!」
「負けたっていいじゃない!」
こんな風にお子様に伝えたところで、
子どもの気持ちは変わることはありません。

それどころか
「私は悪い子なんだ」と思わせてしまいかねません、、、。

小学校に上がるころには、友達との関係がもっと深まり、
その中でいろいろな社会性も身につけていくことでしょう。

勝てないからやめる!とやめてしまったものを
「あれ、これも面白いよ!じゃあ、ママがやってみようかな~」

こんなやり取りの中から、また再び興味を持つこともあるかもしれません。

子育ては焦らずに…。
悪いところを探すよりも、いいところを探して、
そこをのばしてあげてくださいね。


━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
“ マザーの学び ”お役立ち情報
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■週刊ダイヤモンドに記事が掲載されました。
 4月7日号(4月2日発売)
 「話し方」入門。家庭編でお話をさせていただいています!
 
■マザーカレッジ第4期が、4月26日からスタート致します♪
マザーカレッジで、子育てについて、コミュニケーションについて、
ご一緒に学んでみませんか?
「私にこんなことができるとは思っていなかった!」
「子どものやる気がみるみる出てきました」
「子どもとのいい関係ができました」
受講生の皆様方からは、嬉しい感想が続々届いております。

少人数のアットホームなクラスです!
江藤真規が毎回講義を担当、個別のご質問にもお答え致します。

マザーカレッジ第4期、詳細はこちらから↓
http://bit.ly/GHXFjq

・日時:ベーシックコース(4/26、5/10、5/17、5/24)
・時間:10:00 ~11:30
・場所:六本木 国際文化会館
    http://www.i-house.or.jp/jp/ihj/access.html
・お申込はメール、電話、あるいはこちらからお願いします。
    http://bit.ly/GCRwBs
・お問い合わせ:info@saita-coordination.com
       :03-5549-7232

■自宅でも学べる♪
ご自宅で好きな時間にペアレンテーションを学びませんか?
子育てが変わります。
ご自身の時間の使い方が変わります!
まずはご自身の学びから始めてみませんか?
詳細はこちら↓
http://bit.ly/mAgkbU