~教えあう関係~


【マザカレ・メンバーズ通信】vol.76
~教えあう関係~


マザーカレッジ主宰 江藤 真規

…………………………………………………………………
みなさん、こんにちは。江藤真規です。
いつもマザカレ・メンバーズ通信をご購読下さりありがとうございます。


いよいよ年度末、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は3月に入り、ますます毎日が駆け足で過ぎ去っているような感覚。


3月は仕事でも、プライベートでも、
本当にやることがたくさんあり、
“to do”リストも、書ききれないくらいの量となっています。


そんな慌ただしい時期ですが、
いよいよ今週金曜日、3月9日は
マザーカレッジメンバーズ グランドオープニングイベントです。


お忙しい時期にもかかわらず、お申込みを頂いております皆様、
ありがとうございます!


せっかくお越しいただくこの一日が
皆様にとって、気づきあり、出会いあり、
最高に楽しく、そして実り多き一日となるよう、
私たちもスタッフと一丸となって、準備を進めております。


当日はマザーカレッジ認定講師もお手伝いを下さいます。



=========================
一人では到底成し得ない事も、
仲間の力を借りれば達成することができる!
=========================


=========================
私には気づかないことを、周りの仲間が気づいてくれる。
だから、更により良いものになる!
=========================



素晴らしいスタッフに、仲間に、そして認定講師の皆様に囲まれ
私が常日頃感じていることです。


気づけば私は一日に何度
「ありがとう!」と言っているのでしょうか。。。


それだけ私は人に支えられて生きているわけです。


「ありがとう」
「ありがとう」
「ありがとう!!!!!」



9日のグランドオープニングイベントは、
あと若干名お申込みを受け付けることができます。


今回のゲストは、光文社VERYでお馴染みの、
カリスマモデル、堂珍敦子さん!


4人のお子さまをお持ちの堂珍さんが
どうやって、毎日を子どもと楽しく、そして美しく
過ごされていらっしゃるのか、
たっぷりと伺っていきたいと思います♪


当日は堂珍さんの、できたてほやほやの新刊も販売いたします。
(サインもいただけるようですよ!)

詳細はこのメルマガの最後をご覧ください。
HP:  http://saita-coordination.jimdo.com/
お申込:https://55auto.biz/saita27/touroku/entryform7.htm




さて、“ありがとう”は
子ども達の学びの場においても、大きなエネルギーとなっています。


家庭における学習で、私がよく取り入れていた事、
それは、“子どもに教えさせる”こと。


「ねえ、ここママに教えてくれる?」とアプローチし、
子どもに先生役をやってもらいます。


人への説明は、自分が正確にわかっていないと出来ません。


子どもは言葉を選びながら、調べながら、
頭をフル回転させて、まずは学びを深めます。

そして私に教えてくれます。


図を書いたり、かみ砕いた説明をしたり…、
人に教える、という行為こそが
子どもには、更なる学びとなっているのです。


教えてもらった私は、わかりにくいところは
そのままにせず、更に突っ込みます。
もちろん、一度は“ありがとう”を伝えてから。



「なんとなくは、わかってきた。ありがとう。
でも、ここはどうしてそうなるの?」


こどもは、またまた言葉を変えて説明してくれます。
更に学びが深まります。


子ども自身がその内容を使いこなせる段階になったときに、
ようやく子どもの伝えたかったことが、私にも伝わってきます。



「ありがとう!!!!!ママよくわかった」

「ありがとう!○○ちゃんの説明は、とてもわかりやすかった!」



=========================
出来て当たり前は絶対にNG。
教えてもらったら、しっかりと感謝の気持ちを表現します。
=========================



誰かに教えて、そしてわかってもらった、ということが
こどもにとっては、大きな喜びとなり、
そして大きな自信となっていくのです。

もちろん「教える」という過程を通して、
学びも深まっているわけです。


もうすぐ春休み、是非皆さんも
「教えあう関係」を家庭で作ってみてくださいね。


━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
【江藤真規が答えます】
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■皆さんからの質問、受付中!
 個別のお悩み、ご質問を、どんどん送ってくださいね。
 江藤真規が本コーナーにて答えてまいります♪

■江藤への質問は、info@saita-coordination.com
(200文字以内/お一人様一問)までお願いします。


■中学生の息子です。
今通っている幼稚園は、お受験をする人が非常に多い幼稚園です。
私は働いているのですが、お受験をしようかどうか、悩んでいます。
子どもがこの先の人生において、受験で苦しまないように、
今のこの段階で、お受験をさせ、楽な環境に入れてあげた方がいいのでしょうか。

★江藤真規より
お受験をするかどうか、の前に、
どうぞお受験をする=楽な環境に入れる、楽な人生を歩ませる、とは
思わないでくださいね。
小学校お受験をして、たとえばその先にいわゆる“受験”がない環境に
入ったからと言って、決して「楽」な毎日は待っていません。

私立学校に入ったからと言って、勉強がなくなるわけではありませんし、
(かえって勉強が大変な私立学校もたくさんあります)
そもそも楽な人生など、どこにもないはずです。

是非お受験をするかどうかを決める際には、
「わが子が過ごす環境を選ぶ」こんな視点で考えてみてください。

私立、国立学校には、その学校独自の理念があり、
特別な学習環境があります。

その「特別さ」に魅力を感じ、
そして是非その環境で、子どもを成長させたい、
その環境でしっかりと人生を歩ませたい、
そう願う場合にこそ、お受験に挑戦をしてみてください。

小学校お受験には、お母さまのサポートがたくさん必要です。
働いていらっしゃるお母さまには、
きっと物理的に大変なことが大いにあるでしょうが、
私の知り合いでも、働くお受験ママはたくさんいらっしゃいます。

皆がするから、ではなく、楽をさせるためでもなく、
「やはりうちの子には、この環境で学ばせたい!」という想いのもと、
お受験をすることに決められた場合、

是非、お受験に親子で臨むこの時間こそが
成長の場、財産になると信じて、頑張ってくださいね。

うちは中学受験にしよう!こう決めた場合には、
“周りがどうであれ、我が家は我が家”、
自信をもってその道に進んでいってください。

応援しております♪


━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
“ マザーの学び ”お役立ち情報
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■いよいよ今週金曜日♪
(お急ぎください!お申込み受付、残り若干名です)
マザーカレッジグランドオープニングイベント!
今回のゲストは、雑誌/光文社「VERY」でモデルとしてご活躍中の堂珍敦子さんです。
「子育てについて」、「自分育てについて」、
私江藤真規と本音で対談をしていきます。
きっと皆様の「これから」に参考になるキーワードが見つかるはず。
皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。

・日時:3月9日(金)⇒Thank Youの日です♪
・時間:10:00~11:30
・ゲスト:堂珍敦子さん
・料金:無料
・定員:120名
・場所:六本木 国際文化会館
    http://www.i-house.or.jp/jp/ihj/access.html
・お申込:https://55auto.biz/saita27/touroku/entryform7.htm
・お問い合わせ:info@saita-coordination.com
       :03-5549-7232

■マザーカレッジ第4期生、募集が始まりました!
マザーカレッジで、子育てについて、自分の人生について、
ご一緒に学んでみませんか?

「私にこんなことができるとは思っていなかった!」
「子どものやる気がみるみる出てきました」
「全く違う人生が始まりました」
受講生の皆様方からは、嬉しい感想が続々届いております。
いよいよ第4期生のお申込みがスタートいたしました。
詳細はこちらから↓
http://bit.ly/chnZh3

■自宅でも学べる♪いつでもどこでもカレッジのお知らせが
ご自宅で好きな時間にペアレンテーションを学びませんか?
子育てが変わります。
ご自身の時間の使い方が変わります!
2012年を充実した最高の一年とするために、
まずはご自身の学びから始めてみませんか?
詳細はこちら
http://bit.ly/mAgkbU