~知っていることと、出来ることの違い~


【マザカレ・メンバーズ通信】vol.74

~知っていることと、出来ることの違い~


マザーカレッジ主宰 江藤 真規

…………………………………………………………………
みなさん、こんにちは。江藤真規です。
いつもマザカレ・メンバーズ通信をご購読下さりありがとうございます。


だんだん春めいて参りました。
日が長くなってくると、それだけで気分が前向きになりますね。


今週末は国立大、前期の2次試験です。


娘たちが受験生だった頃、

「センター試験と2次試験の間の1か月間が、一番辛く苦しかった…」

こんな風に言っていたことを思いだします。


大学受験生の皆様、そして受験生を支えるご家族の皆様、
あと本当に一息ですね!

心から応援しております。



さて、私が主宰しているマザーカレッジでは、
現在第3期生の皆さまが、

プロフェッショナルコースで学んでいらっしゃいます。
http://saita-coordination.jimdo.com/


明日が、そのプロフェッショナルコースの最終回の講義…。


その後、受講生の皆さんには、
認定講師になるための試験を受けて頂き、

その試験に合格されたら、晴れて

「マザーカレッジ認定講師」となっていただく…、
こんなシステムとなっています。


生徒さん達には、

・講義を通して、たくさんの新しい知識を身につけていただき、
・講義と講義の間に、ご家庭で、学んだ事を実践していただきます。



お伝えしているのは
「講義と講義の間に、ご家庭で過ごす時間が一番大事なんですよ!」ということ。


そこで実践することこそが、
今後を変えていくからです。



今まで知らなかったことを、
講義で「新しい知識として」知り、
そしてそれをご家庭で「実践する」、


つまり、
「知る」⇒「体験する」


この流れによって、
「知っていること」が「出来るように」なるのです。



==========================
知っていることと、出来ることには大きな違いがあります。
==========================



知っているだけでは自分は変われない。
子どもも変わらない。

でも、実践して、出来るようになると
自分の行動変容が起こり、
そして周りも変わってくるのです。


さて、プロコースまで進み、
認定講師となられた方は、
その後、子育てセミナーなどで”講師”として
講義をする機会も出てくるのですが、


ここでも皆さん、知っていることと出来ることとの違いを
体験していらっしゃいます。


先日某塾にて、講師として初めて登壇された
認定講師のAさん、


人前で講師としてお話しされるのは、
生まれて初めてだったとのこと。



初めての講師登壇の日に向けて、
練習を重ね、練習を重ね、
お子様に受講生役までやってもらいながら、
この講師デビューの日を迎えた、とのことでした。


彼女にとって、初めての登壇の日、
私も自分自身の「講師デビューの日」を思い出しながら、
会場後ろで講義を見せていただいていたのですが、


Aさんから、終了後こんな感想を頂きました。



「今日が来るまで、正直あまりにもプレッシャーが大きくて、
 準備も大変でしたし、
 こんなお仕事を受けなければ良かった、と思っていました。

 でも、今はっきり感じます。
 やってみて良かった!!!

 知っていることと、出来ることは違いますね。 
 準備は大変だったけれど、それをやってみたからこそ、
 今まで得てきた知識が自分の中で体系化され、
 ”出来ること”となりました。
 
 これからも講師として皆様の前でお話をしていきたいです!」



彼女の中で、大きな意識改革が起こったようです。



==========================
知っていることは、体験を経て、
出来ることになるのです!
==========================



もうすぐ春です。
日が長くなり、お子さまにも、使える時間が増えるころでしょうか。。。

机に向かっての勉強も、もちろん大事ですが、
是非”体験すること”にもアンテナを張って、
お子様と楽しい時間をお過ごしください。


━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
【江藤真規が答えます】
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■皆さんからの質問、受付中!
 個別のお悩み、ご質問を、どんどん送ってくださいね。
 江藤真規が本コーナーにて答えてまいります♪

■江藤への質問は、info@saita-coordination.com
(200文字以内/お一人様一問)までお願いします。


■中学生の息子です。
 以前はとれていたスキンシップが、とりにくくなりました。
 皆さん男の子とは、どんなスキンシップを取っているのでしょうね~。。。

★江藤真規より
 男の子と女の子、年齢によっても、スキンシップの取り方は違いますよね。
 講演やセミナーでも、よく男の子のお母様から
 「もっとスキンシップを取りたいのに、とれずに寂しい、、、」
 こんな寂しい気持ちを含んでの、ご質問を頂きます。

 男の子のお母様に、どんなスキンシップを取っているかを伺ってみると、
 ・握手をする
 ・ハイタッチ
 ・出かけるときに、”いってらっしゃい”と肩に触れる
 ・朝起こすときに触る(笑)
 ・マッサージをしてあげる
こんな意見がよく出てきます。
皆さん、ご自身流に工夫され、スキンシップを楽しまれているご様子です。
無理に触れる必要はありませんが、チャンスを探してみるのも楽しそうですね!

━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
“ マザーの学び ”お役立ち情報
━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━
■お申込みはお済みですか?
VERYでお馴染み、堂珍敦子さんがマザーカレッジにいらっしゃいます♪
マザーカレッジメンバーズグランドオープニングイベント、申込み受付中!
今回のゲストは、雑誌/光文社「VERY」でモデルとしてご活躍中の堂珍敦子さんです。
「子育てについて」、「自分育てについて」、
私江藤真規と本音で対談をしていきます。
皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。
(お席に限りがありますので、お早目にお申込みください)

・日時:3月9日(金)⇒Thank Youの日です♪
・時間:10:00~11:30
・ゲスト:堂珍敦子さん
・料金:無料
・定員:120名
・場所:六本木 国際文化会館
    http://www.i-house.or.jp/jp/ihj/access.html
・お申込:https://55auto.biz/saita27/touroku/entryform7.htm
・お問い合わせ:info@saita-coordination.com
       :03-5549-7232


■いつでもどこでもカレッジがDVDでご受講いただけるようになりました。
ご自宅で好きな時間にペアレンテーションを学びませんか?
子育てが変わります。
ご自身の時間の使い方が変わります!
2012年を充実した最高の一年とするために、
まずはご自身の学びから始めてみませんか?
詳細はこちら
http://bit.ly/mAgkbU