怒らずに子どもに気づきを与える優しい言葉の贈り物
実践!子育てコーチング!子育てに使える言葉集|よりよい子育てを学ぶ「マザーカレッジ」

アーカイブ


▶塾、その他習い事

▶幼稚園以下

▶小学生

▶中学生

▶受験生(中,高)






子育てコーチング


4歳の男の子です。
英語のプリスクールに入れていたことが原因か、言葉があまり出てこず(日本語も英語も)不安になっています。
やはり母語から習わせた方が良かったのでしょうか。
「このスクールを選んだ理由は?」
地域にもよるでしょうが、このところインターナショナルプリスクールが増えてきました。
子ども達が幼児期から英語にどっぷり浸かって教育を受ける機会が広がってきたわけです。
英語教育をいつからはじめるのかということに関しては、様々な意見が飛び交っています。
私はこの議論に「正解はない」と考えています。
英語からスタートするメリットはたくさんあり、まずは日本語からという教育方針もその通りだと思うからです。
多様な世の中になった今、各家庭が独自の子育て方針に基づいた教育環境を整えられるようになったわけです。
お子さんに英語からスタートさせたには、それなりの理由があったはずです。それを思い出し、焦らずにお子さんの言葉の芽が出てくるのを待ってみてはどうでしょうか。
しかし、そのうえでやはり日本語の環境が良しとなれば、転園するのも可能でしょう。
ただしその際には、ポジティブな発想で…。
言葉が出てこなくなったからこちらにした、という発想ではなく、英語環境は一通り経験したので今度は母語の環境で過ごさせたい、と転園の理由を明確にしておくことが大切です。
選んだ道を是非とも正解としてみてください。
幼児

思うようにならないのが子育てです。
思うようにならないから、私達は圧力をかけて何とかしようとするのですが、
ちょっと視点を変えてみませんか?
「私が言っていることはどの用に伝わっているのだろう…」
こんな風に視点を変えてみると、子どもの気持ちが感じ取れるようになります。
子どもの気持ちを感じとったところで、今度は伝わる言葉を考えてみましょう。
伝わる言葉、それは、子ども自身が考えるきっかけとなる言葉です。
自分で考えたことは、自分の意思となり、自分の気持ちを動かしていきます。
「気づきを与えるきっかけとなる言葉」「子どもが考えるきっかけとなる言葉」
を子育てにありがちな悩みと共にご紹介していきます!