4歳の娘です。食が細く、ご飯をあまり食べません。
実践!子育てコーチング!子育てに使える言葉集|よりよい子育てを学ぶ「マザーカレッジ」

アーカイブ



▶塾、その他習い事

▶幼稚園以下

▶小学生

▶中学生

▶受験生(中,高)






子育てコーチング

4歳の娘です。
食が細く、ご飯をあまり食べません。
いつも強く「食べなさい」と言ってしまうからか、食事の時間まで嫌い
になってしまいました。おやつは食べています。
「一緒にご飯作ろうか?」
お腹がすけば、お菓子を食べる。これが当たり前になってしまうと良くないですよね。食生活は身体を作るのはもちろんのこと、習慣となってしまうからです。今取り組むは、恐らく「食事って楽しい!」という環境を作ることだと思います。
食べさせる事だけに意識を向けるのではなく、楽しい環境作りに目を向けてみませんか?
例えば、食器をお子さんの好きなものにしてみる、テーブルに好きな花を飾ってみる。または、お子さんに主導権を握らせメニューを考えてもらったり、一緒に作ろうか!と誘ってみたり…。
そして食事の際には、「美味しいね」「楽しいね」と、楽しい会話をしてみると、食事に対する捉えが変わってくるかもしれません。「よく食べたね」、と承認する言葉も忘れないでくださいね。
幼稚園

思うようにならないのが子育てです。
思うようにならないから、私達は圧力をかけて何とかしようとするのですが、
ちょっと視点を変えてみませんか?
「私が言っていることはどの用に伝わっているのだろう…」
こんな風に視点を変えてみると、子どもの気持ちが感じ取れるようになります。
子どもの気持ちを感じとったところで、今度は伝わる言葉を考えてみましょう。
伝わる言葉、それは、子ども自身が考えるきっかけとなる言葉です。
自分で考えたことは、自分の意思となり、自分の気持ちを動かしていきます。
「気づきを与えるきっかけとなる言葉」「子どもが考えるきっかけとなる言葉」
を子育てにありがちな悩みと共にご紹介していきます!