怒らずに子どもに気づきを与える優しい言葉の贈り物
実践!子育てコーチング!子育てに使える言葉集|よりよい子育てを学ぶ「マザーカレッジ」

アーカイブ



▶塾、その他習い事

▶幼稚園以下

▶小学生

▶中学生

▶受験生(中,高)






子育てコーチング

5歳の娘です。
もっといろいろな本を読ませたいのですが自分の好きな本しか
読みません。
「好きな本があっていいね!」
好きな本があるって、とても素敵なことですよね。まずは、その行為は否定することなく、「好きな本があっていいね!」と認めてあげてください。大人だって、好きなものと嫌いなものがあれば、好きな方に手が伸びますよね。次に、なぜお子さんはその本が好きなのかを考えてみてください。もしも、動物が好きだからその本を読んでいるのならば、読ませたい領域の本の中で、お子さんが好きな動物が載っている本を選んでみる。「読ませなくてはならない」という意識を、「どんなものだったら読みたくなるかな?」と変えてみると、意外と興味をもってくるかもしれませんよ。
幼稚園,小学生

思うようにならないのが子育てです。
思うようにならないから、私達は圧力をかけて何とかしようとするのですが、
ちょっと視点を変えてみませんか?
「私が言っていることはどの用に伝わっているのだろう…」
こんな風に視点を変えてみると、子どもの気持ちが感じ取れるようになります。
子どもの気持ちを感じとったところで、今度は伝わる言葉を考えてみましょう。
伝わる言葉、それは、子ども自身が考えるきっかけとなる言葉です。
自分で考えたことは、自分の意思となり、自分の気持ちを動かしていきます。
「気づきを与えるきっかけとなる言葉」「子どもが考えるきっかけとなる言葉」
を子育てにありがちな悩みと共にご紹介していきます!