認定講師一覧

松井 真実子

松井 真実子
Matsui Mamiko
マザーカレッジ認定講師
広報・PRプロデューサー、MC

東京都出身。

学習院大学法学部政治学科卒業後、広告代理店で営業職として勤務。その中でコストをかけずに効果的に宣伝活動をするパブリシティ業務に関心を抱き、PR会社へ。多種多様の企業に関する広報代行を行い、毎月10数社のPR業務に携わる。
今までの経験を活かして企業広報部へ転職。インターネットマーケティング・Eメール広告のリーディングカンパニーの広報部長として上場に伴う広報部立ち上げを実施。企業イメージを高め、広く認知させる。
その後、映像制作とCS放送内チャンネルを運営する企業のPR部長職に転職。エンタテイメント・スポーツチャンネルの番組PR・イベントの企画・実施、自社制作DVDのPRプロデュースを担当する。
これらの職務経験で、各媒体のPR手法やメディアリレーションを学び、一連のPRスキルを習得。時代のニーズをとらえてよりよい形で情報発信する広報・PRの仕事を天職とする。

2007年に長男を出産し、子育てに専念。その中で子育て経験は立派なキャリアであり、子育てにしっかりと取り組みつつ、自分の人生もしっかりと生きていきたいと考えるようになり、『親も子も輝いた毎日を過ごすための基礎理念』であるマザーカレッジのペアレンテーションを学び、マザーカレッジ認定講師の資格を取得。マザーカレッジ卒業後、広報PRプロデューサー、MC、講師として活動中。

活動場所
東京近郊
活動内容(実績)
イベント『ママリング2011』(社団法人東京青年会議所世田谷地区委員会推進の子育て支援事業)内のパネルディスカッションにて江藤真規氏・堂珍敦子氏とともに世田谷ママ代表としてパネラー登壇。また、同イベント内子育てコーチングブースでのコーチを務める。
江藤真規氏のマネージメント・PR、講演会・マスコミ取材のセッティング、マスコミ窓口・メディアリレーションなどの仕事にも携わる。
Facebook
http://facebook.com/mamiko.matsui8
あなたの座右の銘は?
出会いは偶然でなく必然
この資格を取ろうとしたキッカケは?
私は現在幼稚園年長、6歳になる男の子のママです。幼稚園受験の際にはどこの園を受けるか、これからのこどもの進路について、とても悩みました。そこで今後の子どもの可能性をどんどん広げられるママになりたいと思うようになり、『子育てを通して親も子も輝いた毎日をおくるための基礎理念』であるペアレンテーションを学びました。
認定講師として、あなたが心がけていることは?
私はマザーカレッジの中で毎日の子どもとの関わりあい方に取り入れられる様々なコミュニケーションスキル、そして母親自身の生き方について学び、身に着けてまいりました。子どもの可能性は無限です。そしてその可能性は、親が投げかける言葉によって、どんどん引き出されていくのです。 認定講師として子育てにすぐに役立つペアレンテーションを皆さんにわかりやすくお伝えし、親子の毎日が楽しくなるコミュニケーション能力を身につけていただきたいです。特に小さなお子様をお持ちのママたちの悩みを共有できる存在として活動していければと思っております。

私は人物・商品・イベントなどのPRの仕事をしております。良いものをよりよい形で世の中に伝えていくことが好きです。これを知ってよかったと思っていただけることが喜びです。
広報・PR職で培ったスキルを活かし、ママたちが自分自身をよりよい形でプロデュースし、さらに輝いていくためのお手伝いもしていきたいと思います。
ぜひ皆様、一緒に楽しく学んでまいりましょう。
 
認定講師一覧へ戻る