公開講座情報

コース案内へ戻る

新規開講
「社会の課題を解決する子供を育てる」

マザーカレッジから新しい学びの場が始まります。それが、マザーカレッジオープンスクール。

開講の目的は、「社会の課題を解決する子供を育てる」です。
子どもだけではなく大人も学ぶ。
考えられる子どもを育てることを趣旨としています。
それを第1回目のオープンスクールではこの目的にダイレクトにアプローチすべく「社会の課題を解決する子どもを育てる」といたしました。

ネット上には様々な情報が溢れています。今、子供たちが初めて持つ携帯がスマホという時代になっています。それは何を意味するのか?彼らは、親の知らないところで常時ネットと繋がり、あらゆる情報に晒されているのです。

第1回目、オープンスクール開講にあたり、現役ジャーナリストを講師に招きます。

@ インターネットが子供たちに与える影響を正しく知り、それをコントロールする力を養う。
A メディアから流される情報を正しく理解し、子供にそれを伝える力を養う。
B ニュースの裏側にある課題を正しく知り、子供たちとその解決策を議論することで、彼らの知的好奇心を刺激し、将来の進路を考える一助とする。

新しい試みではありますが、インターネットが社会を大きく変えつつある現代において、親のメディアやネットに対するリテラシーが、子育てにとってますます重要になってきている、という背景があります。 本スクールはまさにそうしたニーズに合致したものであり、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

サイタコーディネーション代表
江藤真規

安倍渡辺

■日程:
第1回:2013年5月9日(木)
第2回:2013年5月23日(木)
第3回:2013年6月6日(木)
第4回:2013年6月20日(木)
第5回:2013年7月4日(木)
第6回:2013年7月18日(木)

■時間:
10:00〜12:00
■講師:
フジテレビ解説委員 安倍宏行
メディアジャーナリスト 渡辺真由子
■料金:
29,800円(全6回分)
※ただいま開講キャンペーンにつき、通常12,000円の入会金が0円となっております。
■場所:
マザーカレッジ赤坂校
■お申込み
下記のお申し込みフォームよりお願いいたします。
お申し込みはこちらから!
※お申し込みはオープンスクール開始後でも受け付けております。
   オープンスクール開始後のお申し込みについては、お電話、又はメールにてお願いいたします。
■mail:
info@saita-coordination.com
■TEL:
03-3408-3780

■内容:
第1回:【メディア・リテラシー入門:客観報道の罠】担当:渡辺

第2回:【グローバル・リーダーとは?〜国際的に活躍する人材を育てる為に〜
ゲスト:ISAK(インターナショナルスクールオブアジア軽井沢)代表理事 小林りん氏】担当:安倍

第3回:【広告のカラクリ】担当:渡辺

第4回:【日本のエネルギー問題を考える】担当:安倍

第5回:【性・暴力表現の影響】担当:渡辺

第6回:【ネット選挙運動解禁の影響とは?】担当:安倍

※安倍さまの講義についてはその時の最新ニュースを取り上げるため、テーマが変更になることがあります。

【講師プロフィール】

安倍 宏行
1955年 12月2日 東京都生まれ (57才)
1979年 慶応義塾大学経済学部卒業
1979年 日産自動車入社 海外輸出、秘書室、海外購買、海外事業企画
1985年 国際大学大学院国際関係学科修士課程卒業
1992年 フジテレビ入社 報道局 取材センター 政経部 通産省担当記者
1993年 同 大蔵省担当記者 経済担当キャップ
1995年 同 総理官邸担当記者 政治担当キャップ
1996年 報道局 取材センター 外信部 ニューヨーク支局 特派員
1998年 同 ニューヨーク支局 支局長
2001年 報道局 取材センター 外信部 デスク
2002年 報道局 報道センター ニュースジャパン キャスター
2003年 報道局 取材センター 経済部長
2005年 慶応義塾大学メディアコミュニケーション研究所非常勤講師 (10年7月迄)
2006年 経済部長のまま 兼 解説委員 
2010年 報道局解説委員室解説委員 
BSフジLIVE「プライムニュース」解説キャスター(09年4月〜13年3月)

Facebook: 「政治経済勉強会」
https://www.facebook.com/events/471097596268877/#!/groups/117592634995207/
Twitter: @senorbarba


渡辺真由子
メディアジャーナリスト。
慶応大学卒。テレビ朝日系で報道記者を務め、いじめ自殺と少年法改正に迫ったドキュメンタリー『少年調書』で日本民間放送連盟最優秀賞、放送文化基金優秀賞を受賞。退職後、カナダのサイモン・フレイザー大学でメディア・リテラシーを研究。青少年の「性」や「ネットいじめ」、ジェンダー問題を長年にわたり取材し、メディア・リテラシーの観点から対応策を提言。豊富な取材経験に基づく、青少年心理の分析に定評。執筆や講演を精力的に行なう他、新聞やテレビのコメンテーターを務める。文科省「ケータイモラルキャラバン隊」講師、相模女子大学講師。慶応大学メディア・コミュニケーション研究所元講師。著書に『オトナのメディア・リテラシー』、『大人が知らない ネットいじめの真実』など多数。

・公式サイト http://www.mayumedia.com/
・ツイッターhttp://twitter.com/mayumania
・フェイスブックhttp://www.facebook.com/mayumania